Sports   &   Outdoors Golf 練習用品 ショット用マット

[ゴルフスイング練習マット]BIGドライビングマット100cm×150cm [ラフ芝マット+HIYOKOボール+ゴムティー2個付き]


Price:¥ 10,880
  • 「BIGドライビングマット」商品仕様・・・縦100cm×横150cm、厚さ2cm。人工芝 1cm(PP)、ラバー1cm(EVA)。「BIGドライビングマット」は一枚のマット上でスタンスとショットができる一体型。練習場でのテストを経て誕生したパターマット工房のオリジナル製品です。 写真のスタッフは身長182cmですが、ドライバーを構えても、スタンスの前後左右に余裕があります。一体型のマット上にスタンスするので、打撃に伴いマットがずれることもなく、何より足元が広々と緑のティーグラウンドになり、気分は最高です。
  • 大きいだけではありません。試作段階から練習場に持ち込んで使い込み、使用者自身の発想から設計を進めました。まずは厚みです。お買い得価格を前提に、生産担当から出てきたのは1.7cmの厚さの試作品でしたが、打って打って、検証しながら(低価格はそのままに)厚さ2cmを確保しました。EVAラバー1cmの上に、人工芝1cm。安定感も良く、気持ちよく練習に没頭できます。[類似名の模倣品が出ていますが、関係ありませんのでご注意ください。当製品はパターマット工房が開発検討を重ねたオリジナル製品!日本国内のゴルフ練習場でも使用されています。同じようなsizeのマットでも芝の厚み、密度、仕様は異なります。]
  • ティー用の穴の配置は打球方向に30cm、ヘッド外側に15cmの余裕を確保。ここに余裕があることで、スイング時の安心感が向上。ドライバーならアッッパーブロー、アイアンならダウンブローと、クラブヘッドの入る角度を自在に試すことができます。さらにティー位置はスタンス位置とも連動しています。基本は左足かかとの前方にボールを置くと言われますが配置に余裕があるので、ボールを内側に入れたり、ステップを開いたりと、練習ならではの様々なアドレスを試したり、スタンスの自由度ももたらすのです。
  • ティー用の穴は対角線上に2ヶ所あるので、使い込んだらマットを反対方向に向けて新しい穴を使うことができます。穴の直径は市販のゴムティーに適合。当製品をご注文時には、ロングティー2個(LsizeとLLsize)を無料で同梱します。Lsize:軸長50mm、芝上30mm(やや低めの設定。フェースの開閉を使いボールを捕まえるスイングに適しています)。LLsize:軸長66mm、芝上46mm(高めの設定。アッパーブローに振り抜いていくイメージです。)
  • さらに二つのお役立ちグッズを同梱。ラフ芝マットは、22cmx40cm、芝丈は3cm。ドライビングマットの上に置いてアプローチショット、ラフショットの練習が可能となり、スイング上達に役立ちます。HIYOKOボール(6個入り)は室内練習も可能なウレタンボールですが、一般的なスポンジ状や中空ではなくソリッド製法。一定の重みがありインパクトの手応えを感じることができます。【BIGドライビングマットは同梱不可商品です】複数ご購入の場合は個数分の送料が必要です。
Quantity: