日本图书 文学・评论

美しい表紙で読みたい 三四郎


数量:
何度でも読みたくなる名作を美麗イラストに新装!

明治41年「朝日新聞」に9月1日から12月29日にかけて連載され、翌年5月に春陽堂から刊行された夏目漱石の代表作で、『それから』『門』へと続く前期三部作の一つ。
九州の田舎から出てきた主人公・小川三四郎が、都会の様々な人との交流から得るさまざまな経験、恋愛模様が描かれています。
三人称小説ですが、視点は三四郎に寄り添い、ときに三四郎の内面を鋭く描き出されています。
「美しい表紙でよみたい」シリーズは、不朽の名作を美麗な表紙イラストともにじっくりと味わえます。

本作の表紙イラストは、現在イラストレーターとして国内外で活動中の安那(Anna)氏によるものです。
和風・ノスタルジックテイスト漂う作風が特徴で、叙情的な表情、季節感の表現を得意とする美しいイラストが、時代を経ても色あせない名作文学の魅力をアップさせてくれます。