日本图书 文学・评论

オール・ユー・ニード・イズ・吉良~死に戻りの忠臣蔵~


数量:
元禄15年(1702年)、12月14日。江戸本所にて、赤穂浪士らが吉良邸に討ち入りを仕掛ける。そこで抵抗虚しく武林唯七によって殺害されてしまう吉良義央。だが、死んだと思った吉良は気がついたら14日当日の朝に戻っていた。
何度も同じ一日を繰り返し、何度も赤穂浪士に殺されてしまう吉良義央。様々な方法で襲撃から生き延びようと奮闘する彼の運命は──
小説投稿サイト『小説家になろう』の歴史ジャンル短編で一位だった小説「オール・ユー・ニード・イズ・吉良~死に戻りの赤穂事件~」を、文庫本一冊分になるぐらい大幅に書き下ろし加筆したオルタナティブ時代小説。