日本图书 日常生活・健康·育儿

駅近小さな家に住むだけでミニマリスト

制造商: コムケン出版

数量:
片付け、断捨離、ミニマリストといった本を読んでも、「いつまでも部屋が片付かない」「一度きれいになってもまたすぐにモノが増えてしまう」という悩みがつきないのはなぜでしょうか。

それは、世にあふれている本が「家」と「モノ」の関係をぬきに話がされているからです。

駅近小さな家に住めば、必要最小限のモノでスッキリとコンパクトかつ豊かで便利に暮らすことが可能です。

駅近であれば、生活するのに必要なインフラが全て徒歩5分圏内にそろっています。スーパーやコンビニがすぐ近くにあるから冷蔵庫にたくさんの食材をストックする必要がありません。

近くに図書館があれば、自宅に本&本棚を所有する必要もなし。もちろん、公共交通機関が発達しているため車を持つ必要もありません。これまで家にあることが当たり前だったモノが駅近なら手放しても不便にならないのです。

また、小さな家であればキャパシティの関係からたくさんのモノがそもそも入りません。掃除が楽でモノの定位置も決まりやすいから部屋はいつもスッキリ、ピカピカ。

つまり、駅近小さな家に住むだけで、自然と「ミニマリスト」になれるのです。

本書で駅近小さな家ならではの必要最小限のモノで豊かに暮らすライフスタイルの魅力、テクニックをご紹介させていただき、皆様の少しでもお役に立つことができたら幸いです。

《目次》
はじめに

駅近小さな家的生活とは
なぜ駅近小さな家にたどり着いたか
駅近小さな家に向いている人、いない人
駅近小さな家だとスッキリ暮らせる7つの理由
①モノをストックする必要がない
②掃除が楽
③必要最小限のモノで暮らすコツが身につく
④「良品」を見極める力が付く
⑤モノの住所が決まりやすい
⑥空間をシェアすることで余分なモノを置かない
⑦モノの処分が楽
必要なモノだけに囲まれて生活する理由

駅近小さな家にないモノリスト
★車
★ポン酢
★ドレッシング
★CD &DVD
★プリンター
★新聞
★ソファー
★本&本棚
★空気清浄機
★布団用掃除機
★風呂フタ
★洗面器&風呂桶
★バスマット
★バスタオル
★耳かき
★空気入れ
★玄関マット
★トイレマット
★トイレブラシ
★大きな風呂
★大きな庭
★書斎
★トレーニングルーム

おわりに

《著者略歴》
コムケン

1986年生まれ、埼玉県出身。男性。

以前は駅徒歩20分の大きな家に住んでいたが、家賃を払うのがもったいない、満員電車がつらいという理由で駅徒歩3分の小さな家を購入し、引っ越し。

「駅近小さな家」を手に入れることで、自然とお金が貯まるようになるとともに自由な時間が増えるなど生活が激変し、この良さを伝えたいという思いから執筆活動を行う。

自分が実際に試してみて成功したノウハウを、誰もが実現可能なマニュアルとして、わかりやすく伝えることに定評がある。

著書に『後悔しないマイホームは駅近小さな家を選びなさい』『駅近小さな家に住むだけで年150万円貯まる』ほか