日本图书 计算机・IT

IoTの基本・仕組み・重要事項が全部わかる教科書


数量:
IoTに必須の知識を完全網羅!

※この電子書籍は、「固定レイアウト型」で配信されております。説明文の最後の「固定レイアウト型に関する注意事項」を必ずお読みください。

IoT(モノのインターネット)では、さまざまなセンサーを搭載したデバイスを使って、音、振動、電圧、気温、湿度、流量など現実の環境の状態を把握します。得られた情報は、インターネットを介してクラウドなどで処理し、活用やフィードバックを行っていきます。接続されるセンサーを搭載したデバイス数は、これから数年で数百億台にもなると予想されています。

これから激増していくIoTシステムを構築・活用していくのに必須となる知識と活用方法を、センサーの種類や取得できるデータの特徴から、通信方式、データを蓄積、分析する方法などまでしっかり解説しています。デバイスの設置や無線通信で問題になるセキュリティなど、運用に関する課題についても理解しておくべきポイントと対策まで紹介しています。

IoTシステムにかかわるソフト、ハードのすべてのエンジニアに必携の書籍です。

●目次
第1章 IoTの現状と取り巻く環境
 バズワードではなくなったIoTの現状
 IoTを実現する技術要素と必要とされる背景
 ほか
第2章 IoTアーキテクチャの構成要素
 IoTシステムの全体像と構成する要素
 IoTプラットフォームの重要性
 ほか
第3章 さまざまなデータソース
 デバイスから収集されるデータの例
 設備から収集されるデータの例
 ほか
第4章 IoTデータの収集・蓄積の基本と活用までのプロセス
 IoTのデータの特徴
 IoTデータ収集から集約までのプロセスとポイント
 ほか
第5章 データの活用を見据えた分析の必要性
 データの活用を見据えた分析と可視化の必要性
 データ分析ツールの活用
 ほか
第6章 今後重要となるIoTシステムの運用
 IoTシステムにおける運用の懸念点
 IoTシステムを運用するポイント
 ほか
第7章 トータルな対応が求められるIoTの安全性
 急増するIoTデバイスのセキュリティインシデント
 求められるトータルなセキュリティ
 ほか
第8章 サービス展開をするシステムの考え方
 IoTビジネスにおけるサービスの必要性と検討視点
 共通プラットフォームでの実装の重要性
 ほか

固定レイアウト型に関する注意事項(必ずお読みください)
この電子書籍は、全ページ画像の「固定レイアウト型」で配信されております。以下の点にご注意し、購入前にプレビュー表示をご確認の上、ご購入ください。

■使用できない機能
・文字拡大(ピンチイン・ピンチアウトは可能ですが、画面におさまらない場合は画面をスワイプ)/文字のコピー/マーク/ハイライト/文字列検索/辞書の参照/Web検索/引用

■推奨環境
・タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末
・Wi-Fiネットワーク経由でのダウンロード(Kindle端末の場合)