日本图书 业余爱好・实际使用

ヤバイ引き寄せの法則「嫌なヤツを消した魔法」: あなたのイライラや不安が消えると人生が变わる


数量:
こっそり、教えてほしい。

あなたの周りに、ぶっちゃけ
「この世から消えてくれないかな」
と思う嫌なヤツは、いませんか?

「アイツさえいなければ、清々しい気分で過ごせるのに!」

という嫌なヤツです。

この質問にイエスであれば
そんな嫌なヤツを実際に消した

“とあるメソッド”

を、今からあなたにお教えします。

教えて減るものではないですし
世の中すべての嫌なヤツがこの世から消えたら
あなただけではなく、世界がハッピーになりますよね?

ひょっとしたらテロや戦争も
この世界からなくなるかもしれません。
だから遠慮なく教えちゃいます。

ですが、このメソッド。

注意点が、ひとつだけあります。

実はこのメソッド。

嫌なヤツを消すだけではなく
あなたの人生そのものが
激変してしまうほどのパワフルさがあります。

もちろん、良い意味での激変です。

ですので
「今の自分、今の生活、今の人間関係を変えたくない」
という方は、このメソッドを絶対にやらないでください。

(その理由は、本書を最後までお読みいただけるとわかります。
 いろんな意味で、ヤバイものなのだと)

ちなみにですが、“嫌なヤツを消した”といっても
物理的に消したわけではありませんのでご安心を。

もしそうだとすれば、それは重大な罪になってしまいます。

それと“とあるメソッド”といっても
呪いや呪術のたぐいではありません。

きわめて健全なメソッドですので
その点についても、どうぞご心配なく。

■“とあるメソッド”とは何か?

それは、心の中にこみ上げてくる
ネガティブな感情、

・怒り
・イライラ
・不安
・憂うつ
・自己嫌悪
・劣等感
・お金への欠乏感

これらを、メソッドでクリアリングすると
心の中だけではなく、現実も変えることができる魔法です。

本書ではその“とあるメソッド”についての
詳細なやり方をレクチャーしています。

■このメソッドで、何がどう変わるのか?

著者が体験した3つの実例を本書では紹介しています。

1.職場から嫌なヤツを消した実例
2.日常、外出先で遭遇してしまう嫌なヤツを消した実例
3.ジリ貧生活から、毎日が日曜日のような生活を手に入れた実例

著者はこのメソッドを活用して
お金の問題を解決する一方で
腹の虫が治まらないような理不尽な出来事にも
まったく遭遇しなくなりました。

他には以下のような、変化が見込まれます。

・日常、運悪く遭遇していた非常識で無神経なヤツを
 引き寄せなくなる

・劣等感や自己評価の低さが改善する

・今のストレスが100だとしたら、5くらいに軽減できる

・憂うつな気分を軽減できる

・イライラする事柄を引き寄せなくなる

・過去に対するネガティブな感情を消すことができる
 (思い出したとしても、不快な感情はもう伴わない)

・引き寄せの法則が作動しているのを実感できる

・現実が良い方向へ変わってくる

・良い人間関係を引き寄せることができる

ちなみにですが、以下のような変化は
おそらく見込めませんので、あらかじめご了承ください。

・宝くじで3億当てた!
・会いたかった超有名人が、実は近所に住んでいた!
・本を出版したら全世界でベストセラー。100万ドルの印税を手にした!

■注意事項

ふわふわした「引き寄せの法則」の本では、決して語られない
人生が好転するときに起こる、頭をガツンと殴られるような試練
「お試し」についても言及しています。

※この「お試し」を理解するまでは
本書で紹介するメソッドはやらないでください

■目覚めかけている、あなたへ

「願望をイメージしても願いが叶わない」
「引き寄せの法則を実感したことがない」
「ポジティブ・シンキングには疲れた」
「ついてる!うれしい!たのしい!と唱えても何も変わらない」
「許します・ごめんなさい、と唱えても心の傷が癒えない」
「感謝や笑顔を心掛けているけど、ストレスがたまる」

そんな、あなたに贈る一冊です。


【目次】
■はじめに

自分の内面を書き換えれば、現実も変わる

■第一章 引き寄せの法則とは?

そもそも「引き寄せの法則」なんて、ホントにあるの?
現実的な説明ができる引き寄せ~認知的焦点化とは
引き寄せの法則がうまくいかないパターン
願望をイメージしない引き寄せの方法
ネガティブな感情に意識を向ける
本当の自分にとって必要なものが引き寄せられる

■第二章 引き寄せの法則の原理原則

なぜ「○○が欲しい!」は叶わないのか?
心の奥底で本当に感じていることが現実に投影される
自覚しにくいネガティブな想念
なぜ、あの人は口が悪いのに、人から慕われているのか?
心の奥底の想念が現実に投影される

■第三章 「負の引き寄せスパイラル」には気をつけよう

「願望を強くイメージ」することの弊害
ポジティブシンキングの危険性
大金持ちは、自分が大金持ちだとはイメージしない
「しあわせな大富豪の良い話」にもご用心
自分の頭で考え、自分の内なる声も聴く
訴えられた、大人気番組の司会者
情報・ノウハウの洪水で溺れないために
思考と内なる声は相反するものではない

■第四章 クリアリング・メソッド

感情を感じ尽くすメソッド
感情を客観的に捉える「メタ認知」とは?
ネガティブな感情のエネルギーを感じ尽くす
起こった出来事については一切考えない
どうしても思考が動いてしまう場合には

■第五章 嫌なヤツを消した魔法

職場から嫌なヤツを消した実例
日常、外出先で遭遇してしまう嫌なヤツを消した実例
ロードバイクでこちらに突っ込んできたオッサン
新幹線で遭遇した理不尽な出来事
そして理不尽な出来事からの卒業

■第六章 「お試し」とお金の話

試練というべき「お試し」が起こる
お金の「お試し」
お金の欠乏感に苛まれた状況から抜け出した実例
お金以外の豊かさに、感謝の気持ちを
母親へのわだかまりの想いを清算する
忘れた頃に容赦なく「お試し」が起こる
なけなしの給料が差し押さえられる
お金の「お試し」の後日談

■クリアリング・メソッドに関してのQ&A

・感情のエネルギーが収まらない場合は?
・過去を変えることはできませんよね?
・自分でも理由がわからない感情にもメソッドは有効ですか?
・「善も悪もない」悪を見逃したら、世の中むちゃくちゃになりませんか?
・なぜ、あのスピリチュアル系リーダーはその後、離婚・病気・破産したのですか?

■おわりに

ネガティブな感情は「本来の自分へ還るための扉」

-----------------------------------------------
■著者紹介

Keiichi  1972年生まれ。

30代で脱サラをしてコンビニ経営を始めるが、40才になる年に負債を抱えて廃業。
人生を再起する方法がまったくわからず、無明の闇をさまよう。

その後、スピリチュアル的な精神的気づきを得て
「現実は自分の想念の投影である」ことを実感。
そして、精神的にも経済的にも、ゆとりのある生活を手に入れる。

現在は、自身の苦い経験を活かし
自分の強みを見つけられない人・自分に自信が持てない人を
サポートすることを志として、活動している。

#引き寄せの法則 #スピリチュアル #人間関係 #イライラ #怒り #ストレス #不安