日本图书 计算机・IT

Reactではじめるフロントエンド開发入门


数量:
2018-03-05: webpack4に対応させるための記述を追加しました

本書「Reactではじめるフロントエンド開発入門」はUnix環境上でのコマンドライン操作とJavaScriptを利用したWeb開発の経験がある方を対象に、Reactを使用したモダンなWebフロントエンドの開発のさわりの部分を解説する本です。また、本書はタイトルの通り、入門書であるので、本当に基本的な部分のみを解説するのみに限定しています。基本的にはReactとその開発環境の基本的な部分のみを解説し、簡単なWebアプリを作成する技能を身につけられることを目標にしています。休日の午後など空いた時間を使って新しい技術であるReactの基礎をさっくりと学ぶことをコンセプトにしています。

Reactではじめるフロントエンド開発入門

1. Reactについての基礎知識
1.1 Reactの利点
1.2 Reactの設計思想
1.3 従来のフロントエンドの問題点
1.4 Reactと仮想DOM
1.5 Reactの実績
1.6 Reactのライセンス

2. ES6とJSXの復習
2.1 ES6
2.2 JSX

3. 環境構築
3.1 Node.jsの導入
3.2 webpack
3.3 Reactのプロジェクトの作成 ~ yarnとnpm
3.4 HTMLファイルを開いてReactのWebアプリを起動する
3.5 プラグインの使用
3.6 CSSをReactに組み込む
3.7 webpack-dev-serverでリアルタイムにアプリを反映させよう

4. Reactの基本設計
4.1 Reactの基本単位コンポーネント
4.2 コンポーネントの最小単位
4.3 実際にブラウザでReactを動かしてみる ~ Reactで Hello World
4.4 プロップス(props) ~ 外部からコンポーネントに値を与える
4.5 コンポーネントのメソッド
4.6 ステート(state)とは?
4.7 Reactでのイベント管理
4.8 JSXと配列
4.9 Reactのライフサイクル
4.10 ステートの受け渡し

5. Reactとテスト駆動開発
5.1 Jest ~ JavaScriptのための汎用テストライブラリ
5.2 Jestでのテストの初めの一歩
5.3 EnzymeでReactのテストを実行する
5.4 Jestとwatchモード

6. Reactと非同期HTTPリクエスト
6.1 Reactとfetch API
6.2 なぜReactで非同期HTTPが重要なのか?
6.3 外部のAPIからUIを構築する

全てのコードは筆者のPC上での動作を確認していますが、事前にGitHubのレポジトリ上のコードサンプルで内容を確認してから、本書の購入をお願いします。

https://github.com/react-samples/lesson