日本图书 业余爱好・实际使用

決断=実行

制造商: ダイヤモンド社

数量:
名将が語る、人・組織・ルールetc.本質を捉える「考え方」とは?





指導のあり方や価値観の転換点にある今、


私たちは何をどう選択し、決断し、行動すべきなのか。


指導者する側・される側ともに読みたい。





時には常識を疑い、物事の本質を鋭く捉える落合博満氏。


落合氏ならではの着眼点や、


選手・監督等の豊富な経験からの気づきの数々は、


野球関係者はもちろんのこと、


多くのビジネスパーソンにとっても示唆に富むものである。


決断=実行/目次



・仕事に取り憑かれろ


・監督への就任要請を受け


・監督として私が肝に銘じたこと


・荒木と岩瀬が自分で壁を乗り越えるために


・少数意見をどうとらえるか


・組織とは小さな「ピラミッド」の集まり


・「負けたくない」というプライドがもたらした優勝


・最終決定権は誰が持つべきか


・遠近2つの距離から選手を見続ける


・チームを進化させたければまず基本から


・チームリーダーやムードメーカーは必要か


・「同じことをしていたら勝てない」の意味


・自分の技術を向上させるためには


・一芸に秀でたければオタクを目指そう


・一石二鳥の練習はあるか


・好奇心は自分を成長させ、感性を豊かにする


・控え選手とはどう接すればいいのか


・「時代遅れ」にあえて耳を傾けよ


・選手の不調、チームの苦境との向き合い方


・勝てるデータ活用術


・新人や若手の起用で気をつけたいこと


・森繁和ヘッドコーチとの思い出深いベンチワーク


・人材登用における私の考え方


・大原則や当事者の「思い」は考慮されているか


・大谷翔平の成功を私なりに考えた


・ユニフォームで考える物事の本質


・指導者が批判される時代に、選手に求められる姿勢とは