日本图书 业余爱好・实际使用

1秒でつかむ――「見たことないおもしろさ」で最後まで饱きさせない32の技術

制造商: ダイヤモンド社

数量:
低予算なのに"どハマり度"No.1バラエティ『家、ついて行ってイイですか?』
仕掛け人の全思考・全ノウハウ公開!!
★熱狂的好評価続々。大反響につき重版出来!!★
「これ売りたい」より「これ読みたい」が先にきた(書店員さん)
戦略思考のある方がコンテンツを創るとこういうことになるのか!と目からウロコの内容(書評家)
「面白いです☆」(プロレスラー)

「1秒単位」で人の心が離れる時代に、1人でも多くの心に届ける技術。





冒頭、1秒で「惹きつけて」


途中、1秒も「飽きさせず」


最後、1秒も「ムダじゃなかった」と思ってもらう


コンテンツの作り方32の全奥義!!





PR・広報、youtuber、webライター、


企画開発担当、営業、編集者
……etc.








・「動画コンテンツ」をバズらせたい


・「web文章」を読んでもらいたい


・新商品の「プレゼン」で聴衆を惹き付けたい


・「新規顧客」を開拓して売上を上げたい


・あのリーディングカンパニーに大逆転勝利したい



……それならば、


この”圧倒的没入感”で、差をつけろ!








低予算なのに”どハマり度”No.1バラエティ


テレビ東京『家、ついて行ってイイですか?』仕掛け人の、


全思考・全ノウハウ!!





【第1章】 


1秒でつかむ「見たことないおもしろさ」の作り方 


1.新ジャンル開発力
  〜「最も根本的な価値」を否定する


2.千利休式「引き算」力 〜「一番伝えたい価値」だけ残す


3.親鸞式「ネガティブLOVE」力〜「ウザい」の魅力を引き出す


4.バランス崩壊力 〜「金がない」は武器になる


8.全部ひとり力〜「分業」をやめると差別化できる


9.ルーティン本気力〜神は「細部にしか」宿らない  など





【第2章】


コンテンツの魅力を引き出すために


なぜ「ストーリー」が必要なのか?


10.「心の可視化」力
 〜「見えてるもの」から「見えない魅力」を引き出す


11.自分「取調べ」力 〜「伝わらない壁」は自分の中にある


12.超・具体化力 〜「固有名詞」と「数字」が感情を呼び起こす





【第3章】


「不快」を排除して見えない魅力を伝える技術


13.「は?」を消す力
 〜「わかりにくさ」をなくす方法


14.めんどくさい撲滅力 〜マーケットを広げる「徹底的な快適さ」


15.360度注視力 〜わざわざ「アンチ」を作らない





【第4章】


1秒も離さず常に興味を持ってもらう12の技術


16.すべては「設定力」
 〜【1秒でつかむ】一気に引き込む4つの設定


17.価値観が逆転する「目線力」 〜【1秒でつかむ】 「興味ない」を「おもしろい」に変える魔法


18.タイムマシン編集力 〜【1秒でつかむ】逆から「因果関係」を作る


19.「矛盾する本能」解決力 〜【1秒でつかむ】「安心感」と「新規性」を両立させる方法


21.うんこ漏らす力 〜【1秒も飽きさせない】 予定調和を裏切り続ける


22.「笑い」を作る力 〜【1秒も飽きさせない】「難しい」を「楽しい」に変える13の技術


24.快適ひっぱり力 〜【1秒も飽きさせない】常に「なんだろう?」と思わせる


26.サウナ力 〜【1秒もムダじゃなかった】「原因の体験」で没入


27.東野圭吾力 〜【1秒もムダじゃなかった】「なぜ?」で犯人さえ好きになる など





【第5章】


人の心に突き刺さる「深さ」の作り方


28.マルチターゲット力 〜「広さ」と「深さ」を両立させる裏技


29.自分の欲望肯定力 〜「ほどよく狂う」が人を惹きつける


32.3つの「崩す力」 〜この本を閉じたあとの、「使い方」について  など