日本图书 业余爱好・实际使用 模型上色

描くの疑问をすべて解消1: 絵をうまく描けない人のためのデッサンコンプレックス克服编


数量:
《 内容について 》

本書のテーマは、デッサンに
関係するコンプレックスの解消です。

人の絵を見て自信を失くしたり
上手く描けずにイライラしたりして、
描くことそのものに集中し楽しむことが
できない状態を改善するのです。

スポーツで言えばメンタルトレーニング
にあたり、技術を学ぶことと同等か
それ以上の効果が期待できます。

絵を描かせるのは、テクニック
ではなく心のあり方で、コンプレックスや
自信のなさ、頑固さなどが絵の表現に
決定的な影響を及ぼします。

私はデッサンにまつわる心理的負荷を
「デッサンコンプレックス」
と呼んでいます。

本書では、「デッサンコンプレックス」
を解消して前向きに描けるようになる
方法を紹介しています。

そして、未熟な自分と付き合いながら
描写力を高めていく練習方法もご紹介します。

本書を読めば、あなたの中に居座っている
頑固さや劣等感、こだわりが和らぎ
自分のペースで絵の練習ができる
ようになるでしょう。

《 目次 》

はじめに

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第1章:人知れずデッサンコンプレックス
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・目の上のタンコブ
・真の問題はデッサン力の有無ではない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第2章:デッサンが基本である理由とは?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・デッサンは作品ではない
・テクニックではなく造形感覚で描く

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第3章:デッサン、ドローイング、スケッチ、
クロッキー 4つの違い
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・デッサン=ドローイング
・所要時間の長さで使い分ける

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第4章:美大入試レベルのデッサン力は必要か?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・「上手くなりたい」気持ちに素直であれ
・直方体が描けたら才能あり
・思い込みに気づいても手直しできない謎
・3年間で一生ものの描写力が手に入る
・美大レベルのデッサン力が必要?
・デッサンの枠組みを変えたセザンヌ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第5章:デッサン力を鍛えるメリットとデメリット
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・ヘタウマから入るな
・デッサンは誰にとっても常に有効である
・デッサンで学ぶ作品制作のプロセス
・個性の強靭さを甘く見ない
・教育としてのデッサン指導
・リアリズム否定論への反論
・視覚を鍛える訓練としてのデッサン
・長く続ければ、より遠くへ行ける
・それでもデッサン力はスキルの一部にすぎない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第6章:デッサンが苦手なデザイナーの苦悩
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・絵がコンプレックスのデザイナー
・実は絵がさほど上手くない美術教師
・訓練すれば何でも描けるようになる
・人知れず上手くなりたい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第7章:とりあえず「サマになる」ことが大切
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・下手というよりも「サマになって」いない
・子どもの絵が「サマになる」理由
・高校生の絵がつまらない理由
・一点集中で「サマになる」絵にする
・画面全体を意識して

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第8章:ヘタウマの魅力とデッサン力との関係
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・ヘタは見せかけで実はウマい!?
・ヘタウマのうまさとは?いったい何がウマいのか?
・ヘタウマ表現は身に付ける価値があるか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第9章:どれぐらいデッサン力があればいいのか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・デッサン力=生涯保険
・デッサンは熱いうちに打て

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第10章:一人でこっそり練習しても上達は可能か?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・独習でムダな時間を使わないために
・デッサン独習の4ステップ

あとがき

《 著者について 》
松永亮(まつながりょう)

──絵画を科学する──
松永ドローイング研究所 代表

国立大学教育学部美術科で洋画を修め
在学中、日本を代表する公募展にて
最年少受賞(当時)を果たす。

「だれでも描けるようになる」

をモットーに絵画指導の道を追求。

30年間、5千人を超える指導経験を
活かしデッサン技術の作業分析を行い
2018年、MDMメソッドを確立。

「絵画を科学する」スタンスで
絵の見方、描き方、売り方、あり方
など包括的な知恵を提供している。

初心者が20分以内に写実的な線描を
描けるようになる再現性を誇る。

あまりの変貌ぶりに周りの人から
本当にお前が描いたのか? と
言われる怪奇現象が続出中。

「上手に描けるようになりたい!」

という気持ちを短時間でかたちにする
デッサン講師として注目されている。

アマチュア画家の心と技術の拠り所となる
オンラインサロン(MDM CLUB)を主宰。

公募展で入賞したり
オンラインで高額の注文を受けたり
個展を開催し作品を販売したりするなど
第一線で活躍する人材を輩出している。

すべての人に描く力と心の豊かさを!

という気持ちから、オンラインの
美術フリースクールを構築中。

現在、その仲間を募っている。

松永ドローイング研究所
http://drawingmastery.info/wp/

松永のメルマガ(プレゼント付)
はコチラから登録
http://bit.ly/2AM5t6J