日本圖書 技術・建築・設計 デザイン グラフィックス・DTP・音楽 電子書籍制作

さるでもできるKindle写真集: 「さるでもできるKindle電子出版」の著者が、写真集の作り方を解説。アマチュア写真家、待望の1冊!

製造商: 海河童本鋪

數量:
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

電子書籍製作ジャンルで売上3位! 累計700ダウンロード(2018年8月20日時点)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Amazon.co.jpのKindleストア「電子書籍製作」カテゴリーにおいて、
ベストセラー1位に輝く名著『さるでもできるKindle電子出版』で、
数多くのインディーズ作家に、Kindle電子出版への道案内をした著者が、
写真集出版について、実体験を踏まえて徹底解説をいたします。

個人の方が、自分の写真集をKDPサービスから電子出版をするためには、
少なくとも、以下の4つの作業を正確に実施する必要があります。

1:KDPアカウント情報の正しい登録


2:KDPサービスへアップロードする適正なファイルの作成


3:KDPサービスへアップロードする適正な表紙画像の作成


4:KDPサービスへの適切な書籍情報の登録



Kindleで写真集を出す方法を解説しているKindle本は幾つかありますが、
その中の多くの解説書は、残念ながら「帯に短し たすきに長し」で、
上記4点について、すべてを網羅している本は、ほんの僅かしかありません。

特に「たった1日で出版できる」などと謳っている解説書は、
2番の「ファイルの作成」についての技術的な解説に留まっている場合や、
「Kindle Comic Creator」の使い方の説明だけで終わっている本が多く、
実際の出版に至るまでの流れについては、なんらサポートがされていません。

本書では、7冊のKindle写真集を個人で出版してきた著者が、
上記4点について、実体験を踏まえて、徹底解説をしております。

本書をお読みになれば、有料のサービスやソフト(※1)に頼ることなく、
無料(※2)で、1週間後(※3)には、写真集(※4)を出版することができるようになります。


※1:マイクロソフト社のWordとPowerPointは除きます。
※2:本書の購入代金は除きます。
※3:すべての作業が順調に行われた場合の最速値です。
※4:文章主体のKindle本の出版はサポートしておりません。

また、本書の後半では30冊以上のKindle本を出してきた著者が、
・KDP個人作家に向けて、読者視点からの売上向上のヒント
・個人がKindleで出版する写真集の新しい可能性
上記2つのテーマで、Kindle写真集の楽しみ方を解説しています。

文章主体のKindle本の出版をお考えの方は、
『さるでもできるKindle電子出版』をお買い求めください。


<目次>

Ⅰ-1:EIN番号は不要
Ⅰ-2:新生銀行じゃなくてもだいじょうぶ
Ⅰ-3:KDPアカウント情報の登録

Ⅱ-1:表紙を作ろう!
コラム:フォントを変えてみよう(2019年版:新章追加)
Ⅱ-2:写真の準備
Ⅱ-3:キャプション画面を作ろう
Ⅱ-4:Kindle Comic Creatorで簡単作成
Ⅱ-4:Kindle Comic Creatorで簡単作成''(2019年2月:新章追加)
Ⅱ-5:目次にこだわるなら
Ⅱ-6:実機でチェックしたいところですが……
コラム:写真集の価格設定について
Ⅱ-7:いよいよ、出版です!
Ⅱ-8:いよいよ、出版です! の前に

Ⅲ-1:写真集の宣伝をしよう!
Ⅲ-2:ドキドキの売り上げ確認
コラム:ポイント還元セール
Ⅲ-3:コンテンツの追加修正について
Ⅲ-4:アップデート版のダウンロードについて
コラム:パソコンでの読み方

Ⅳ-1:やっぱり売れた方が嬉しい!
Ⅳ-2:内容紹介はテンションを上げて
コラム:マクドナルド商法
Ⅳ-3:無料キャンペーンについて

Ⅴ-1:写真集こそ、ニッチを攻めよう!
Ⅴ-2:付加価値のトッピング
Ⅴ-3:カタログとしての写真集
コラム:KUとKOLの報酬金について
コラム:Prime Readingを応援しよう
Ⅴ-4:チャンス到来!
コラム:年度末にドッキリ
Ⅴ-5:KDP個人作家よ、団結しよう!
コラム:三つのポリシー


著者紹介

ダイビングと山歩きが大好きで、ダイビングの関連本を10冊以上、
山歩きの関連本等を含めて、30冊以上の本をキンドルより出版。
今後は、小説にも挑戦しようという野望(無謀?)を抱くサラリーマンです。


著者のブログ

「だからダイビングはやめられない」
※GoogleやYahoo!で「海河童」と入力して検索してください。